わくわく手作りファーム川北のご紹介

をクリックすると動画が再生されます。

霊峰白山を源とし、加賀平野を流れる手取川。川北町はその手取川右岸の扇状地にあります。米どころであるこの町には田園風景が広がります。

減反や農村の過疎化が進む現代において、農村である地域を見直そうと地域の活性化を目指し「わくわく手づくりファーム川北」は誕生しました。

私たちは地元の休耕田を利用するビール麦や豆類の栽培を推進し、地元で収穫した農作物から地ビールをはじめとする製品化もすすめております。

またオリジナル製品や地元の特産品、とれたて農作物など「おすそわけ」の窓口として、産直物産館で小売販売し、地域における「農」と「食」の「自然の恵み」を広くお届けしております。

わくわく手づくりファーム川北は、地ビール工房・産直物産館・ブルワリー&ガーデンハウスからなる複合施設です。

地ビール工房

厳選した豊かな自家製モルトを使用して、白山の伏流水と地元産のビール麦からオリジナル地ビールを醸造いたしております。

ブルワリー&レストラン

自家製地ビールやソフトクリームをゆっくり召し上がっていただけるスペースです。

Gardenhouse

ぶどう棚があるガーデンハウス

産直物産館

地元の農産物多特産品を揃えてお待ちしています。

活動内容

  • ビール麦栽培・加工・販売事業…国の減反対策による休耕田の活用として、ビール麦を作付け。その麦の消費目的として、わくわく手づくりファーム川北施設内地ビールプラントにて地ビールを醸造。さらにできた地ビールは同施設内産直物産館や委託販売先にて販売。
  • 大豆栽培・加工・販売事業…ビール麦と同じく休耕田を利用して「丹波黒豆」を栽培。すはまや豆腐など製品にするにあたって近隣の加工業者に加工を依頼し、できた製品は施設内産直物産館で販売。
  • 近隣地域の特産品や農作物の販売事業…近隣地域の優良な特産品や地域住民の栽培する農作物を委託販売。地域の活性化や地域住民の生きがいの場になるよう貢献。